top of page

ねじれたスツール




[Fusion360 Tips]


ねじれたスツールをモデリングしてみました。直方体から三角形で切り取り、ロフト、シェル等のコマンドを使っています。最終的に6枚の板が組み合わさった形になります。



正方形を押し出し。



三角形で切り取り。



隣の面からも三角形で切り取り。



出来たボディを円形状パターンコピーで複製。



YZ平面にスケッチを追加して中央に点を描いておく。



一旦履歴をロールバックする。



直方体の上下にスケッチを追加。ジオメトリエッジが自動投影になっているのでこのまま何も描かなくてOKです。




ボディを非表示にすると外周エッジとエッジに囲まれた領域がプロファイルとして認識されているのが分かります。



履歴をアップデートするとこんな感じに。



底面と中央の点をロフトで結ぶ。



同様に天面と中央の点をロフトで結びます。



ロフトの時に「結合」選んでおくとこんな感じの一体ボディになります。



シェル化で4つの側面を開放面として指定します。




完成です。



詳しい操作は動画でご確認ください。



 

3D-CAD:Autodesk Fusion360

Yorumlar


Yorumlara kapatıldı.
bottom of page