top of page

紙を丸める




[Fusion360 Tips]

長方形の押出し、フルラウンドフィレット、シェルを使って基本の形状を作ります。その後でシートメタル化、展開、円形で切り取り、再折り曲げという手順で丸めた紙を表現しています。



長方形をスケッチ。



両側に押出し。厚みを50mmとしました。



端面両側をフルラウンドフィレットで丸めます。




厚み0.2mmでシェル化。両端を開放面として選択しておきます。



XY平面に直線をスケッチ。



薄い押し出しで切り取り。壁の位置は中心にしておきます。



シートメタルに変換。



固定面を指定して展開。全ての曲げを展開にチェックを入れます。




円をスケッチ。



押出し、交差で円板を作ります。



面を再折り曲げを選択。



これで完成です。




操作の詳細は動画で説明しています。



 

3D-CAD:Autodesk Fusion360

bottom of page