top of page

ペットボトルのモデリング




[Fusion360 Tips]


ペットボトルの断面は結構複雑できちんとスケッチを描こうとするとかなり神経を使わないといけません。今回はなるべくスケッチを描かずに済む方法でモデリングしてみました。押し出しの繰り返し、回転でボディ作成、結合切り取り、面を置換、勾配、円形状パターンコピー等を使っています。



円スケッチをテーパー付きで押し出し。



もう一段重ねて円スケッチをテーパー付きで押し出し。



円スケッチをテーパーなしで押し出し。



円柱の端面を直接押し出し。逆テーパー付きで。



円錐の端面を直接押し出し。



円スケッチを押し出してツバの部分を作ります。



円スケッチを押し出し。



底面に円スケッチを描いて押し出し切り取り。逆テーパーを付けてください。



交差直線を抽出した上で円弧をスケッチ。



回転で新規ボディ作成。



本体と結合、切り取り。



その上の段も同様に円弧スケッチを描きます。



回転で新規ボディ作成。



結合切り取り。



XY平面を上方にオフセット。



円柱の側面をオフセット平面で分割。



円錐面から交差直線抽出、分割エッジを基点にして交差直線に接する円弧を描く。



サーフェスの回転で面を作る。



面を置換コマンドで分割面を作った面に沿わせる。



フィレット付与。





XZ平面にL字直線と円弧をスケッチ。



回転で新規ボディ作成。



XY平面に長方形をスケッチ。



押出し、交差。



XZ平面にスケッチ追加。交差でスケッチ線を抽出。



抽出した曲線の真ん中に構築点を追加。(パスに沿った点)




点で面に接する平面。




作った平面で抜き方向を定義し、パーティングラインに曲面のエッジを指定、側面に勾配を付ける。



ミラーコピー、結合。



円形状パターンコピー。



結合切り取り。



フィレット付与。




天面を開口部にしてシェル化。



面をオフセット。



完成です。



詳細な操作は動画でご確認ください。



 

3D-CAD:Autodesk Fusion360

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page