top of page

ペリトロコイド曲線 Peritrochoid curve



[Fusion360 Tips]


ペリトロコイド曲線(Peritrochoid curve)の描き方です。

固定された基円の円周上を滑らずに転がる直径1/2の転円。その半径のさらに1/2の点が描く軌跡をスプライン曲線で結んでいます。基円と転円、それらを結ぶアームをジョイント機能を使ってアセンブリしモーションリンクとモーションスタディを使って動かしています。



1.パーツ配置(アセンブリ)

基円(青色)と転円(赤色)とそれらをつなぐアームをジョイントでアセンブリします。基円は固定でアームは基円の中心で回転します。また転円はアームの端部で回転するように設定しておきます。



2.モーションリンク

モーションリンクでアームの回転と転円の回転とを連動させます。アームが1回転する間に転円は2回転するように設定しました。これで転円は基円の外周を滑らずに転がることになります。



3.モーションスタディ

モーションスタディを開きアームの回転をここで制御します。100ステップ目でちょうど1回転するように設定しておきます。



4.軌跡抽出

モーションスタディで1ステップごとに位置をキャプチャし、転円の半径の1/2のとろに描いたスケッチ点を別のスケッチに投影していきます。これを0から25ステップまで繰り返します。


抽出した軌跡のスケッチ点を左右、上下にミラーコピーします。



5.スプライン曲線作成

スケッチ点をなぞりフィット点スプライン曲線で結んでいきます。



6.完成



操作の詳細は動画でご確認ください。



 

3D-CAD:Autodesk Fusion360

bottom of page