top of page

丸棒に目盛り




[Fusion360 Tips]


丸棒に目盛りを刻印する方法です。目盛りのピッチを定義するのにサーフェスの押し出しと矩形状パターンコピーを用いました。丸棒表面に刻印を掘り込むのにはパイプコマンドと結合切り取りを使っています。



円を押し出して丸棒を作る。



XY平面に直線をスケッチ。



サーフェスで押出し。(厚み0のサーフェスボディを作ります)



矩形状パターンコピーで10枚のサーフェスを作ります。



左端のサーフェスのサイドエッジを1.5mm延長。



6枚目のサーフェスのサイドエッジを1mm延長。



丸棒の曲面をツールにしてサーフェスをトリム。



丸棒ボディを非表示にするとこんな感じです。



サーフェスの円弧になっているエッジに沿ってパイプコマンドで湾曲したパイプボディを作ります。



サーフェスボディを除去した状態です。



矩形状パターンコピーで複製。




結合、切り取り。



完成です。



詳しい操作は動画で説明しています。



 

3D-CAD:Autodesk Fusion360

Commentaires


Les commentaires ont été désactivés.
bottom of page