偏芯した円錐を展開する





Fusion360にはシートメタル機能があって板金部品を設計するときに便利なコマンドがそろっています。


私自身の仕事のプロセスの中では板金部品が占める割合はそれほど高くなく、形を決めるのはほぼ全てソリッド環境とサーフェス環境だけで行っているのですが、シートメタルの「曲げを展開する」機能だけは非常に便利なので頻繁に使っています。


今回は円錐形状、しかも偏芯した円錐を展開して2Dの図面を描くという作業にチャレンジしてみました。



偏芯した円錐を作成

2つの平面に描いた円スケッチをロフトで繋ぎます。




円錐面を抽出&厚み付け

サーフェス環境でオフセット0mmで円錐面を抽出します。



円錐ボディにスリットを設ける

直角三角形のスケッチを押し出して円錐ボディにスリットを設け、端面を少し押し出します。



シートメタル変換&展開

押し出した端面の平面部を選択してボディをシートメタルに変換します。変換したあとは平面部を固定部分として円錐を平面に展開します。



展開形状をスケッチコピー

展開した平面上にスケッチを作成し、外形エッジを投影してクリップボードにコピーします。



展開形状で別ボディを作成

新規ファイルを作りそこにコピーしたスケッチを貼り付け押し出しで別ボディを作成します。



図面&ペーパーモデル作成

図面作成→PDF出力→立体化を行います。




操作手順

詳細な操作手順は動画でご確認ください。



 

3D-CAD:Autodesk Fusion360