ドーム形状を作る


Fusion360でドーム形状を作るを作る場合、手軽な方法としては「ロフト」コマンドを使うというのがあります。


スケッチ点と円筒の端点をプロファイルとして選択し、点プロファイルのオプションを「点の接線」に変更すればドームの完成です。



これでこの後のモデリング操作も問題なく行えますし、設計を進める上での支障もありません。ですがこうして作った面には一部に面を分割したようなエッジが入ってしまって少し気になるところではあります。


これを解消するにはロフトで面を貼るのではなく、円筒端面エッジを通過する球体を作ればいいようです。


  1. ドームの大きさの円スケッチを描く

  2. 円の中心に構築線(参照線)を描く

  3. 円スケッチを構築線を中心にして回転させる

  4. 円筒端面を球面をターゲットにして置換する


詳しい操作手順は動画をご覧ください。



この方法についてはFusion360のコミュニティフォーラムに投稿されていた記事を参考にさせてもらいました。何で今まで気付かなかったんだろうというぐらい目から鱗のテクニックです。こちらも合わせて参考になさってください。


https://forums.autodesk.com/t5/fusion-360-ri-ben-yu/shang-mianwo-huankukabusasetaiga/m-p/11129573/highlight/true#M35955



 

3D-CAD:Autodesk Fusion360