京都伝統の高級絹織物である西陣織。今でも手機を使い緻密な手作業によって織り上げられています。この手機に使う杼(シャトル)ですが、今杼職人さんの減少によりその枯渇が心配されています。

今回西陣の織職人さんの依頼により杼の再生を手掛けました。デジタルファブリケーション技術を活用し、技術情報の保存と再生産するための仕組みづくりに取り組んだ事例です。

開発・制作/ 足立製作所
依頼・協力/ 中村亨(中村織物店)
​企画・記録/ YOKOITO

西陣織「杼」の再生

©️ 2020 Tadashi Adachi all rights reserved