​機械式時計

自ら設計して何か機能するものを作り上げたい。昔からある機構部品の代表のような歯車。その歯車の回転が時を刻む機能を実現する。3Dプリンターと3D-CADを使って時計設計の初心者がどのレベルまで到達できるか。

デジファブ技術の可能性にチャレンジした事例です。

設計・製作 / 足立製作所

素材・工法 / 3Dプリント、アクリル切削

使用CAD / Autodesk Fusion360

©️ 2020 Tadashi Adachi all rights reserved