ロータリエンジン模型

3D-CADを使って実際に動く機構を作る。CADの操作に慣れてきて単品のパーツが作れるようになれば、次は実際に動くものを作ってみたいと思うのではないでしょうか。3D-CADで複数部品をアセンブリするにはどうすればいいか、部品の動きを表現するにはどうしたらいいか。そうしたことを学べる教育コンテンツ作成に取り組んだ事例です。

開発・製作 足立製作所

素材・工法 / 3Dプリント(光造形、ナイロン焼結)

使用CAD / Autodesk Fusion360